旭市にオープン!新イオンタウンの最新情報のまとめ

千葉県旭市に、新しいイオンタウンが建設されています。
今からオープンが待ち遠しいですね…!

今回は、これまでに公開されている情報をまとめてみました。

新イオンタウン基本情報

新イオンタウンのオープン予定日・コンセプトは?

旭市に新しく建設されるイオンタウン。
2021年7月から建設が開始され、オープン予定は2022年春となります。

施設のコンセプトは、
「地域とともに『楽しく健康になる』ための持続可能な多世代交流拠点づくりウエルネスタウンASAHI」
とのこと。

地域の人々の健康促進や交流の場になりそうな予感…!
旭中央病院のすぐそばに建設されているのも、このためなのでしょうか。

いずれにせよ、地域住民の憩いの場になること間違いなしですね!

そもそもイオンタウンって何?

イオンといえば『イオンモール』のイメージが強いですが…。
新しく建設予定の『イオンタウン』との違いは何でしょうか?

この違いを簡単に言うと、
イオンモール=大型ショッピングセンター
イオンタウン=近隣型ショッピングセンター

というところです。
イオンタウンはイオンモールに比べ、より近隣住民のニーズに特化した施設ということですね。
これはコンセプトからも感じられる気がします!

アクセスと駐車場は?

鉄道
最寄り駅の旭駅からは、約1.5Km
徒歩で12分ほどなので、歩いても行ける距離ですね。

また、旭駅からは中央病院行きのバスが出ていますので、
これを利用すれば5分ほどで行くことが出来ます。

・車
車でのアクセスは、目の前を地域基幹道路が通っているため良好です。
また、近隣を国道126号線が通っており、周辺の施設も利用しやすくなっています。

駐車場台数は469台と、しっかり揃っています。
車を利用して生活している住民の多い地域ですので、この台数は妥当だと思われます。


所在地/旭市イ字振田4322番地外 20筆
駐車台数/469台
最寄り駅/旭駅

敷地面積と周辺の建物

  • 敷地面積

敷地面積/約2万4866㎡(約7535坪)
延床面積/約1万2359㎡(約3745坪)
総賃貸面積/約1万1654㎡(約3532坪)

と、こんな感じ。これだけ言われても良く分からないですよね…笑
この広さは、サッカーコート約3.5個分
25mプールだと、約75個分の広さになります

なんとなくイメージが付いたでしょうか?
ちなみに、畳で言うと15040畳です笑

  • 周辺施設

旭市のイオンタウンは、旭中央病院のすぐ側に建設されています。
通院やお見舞いのついでに寄ることができるため、利用者も多そうですね。

また上記でも書きましたが、近隣には国道126号線が通っています。
この沿線には、ニトリやユニクロ、ヤマダ電機などがあります。

さらに、干潟方面へ走っていくとGUやカラオケバンバンがあり、その先にも
ココスやガスト、デニーズ、すき家などファミレスが多数あります。

イオンタウンに行くついでに寄ることができる施設も、近隣にはたくさんありますね!

入居テナントはどうなる?

テナントには、
商業施設やドラッグストア、フィットネス、クリニック、介護施設、多世代交流施設
など、約20の店舗が入居予定となっています。

コンセプトにもある通り、健康増進や地域市民の交流に重点を置いた施設が多く入りそうですね。
旭市も超高齢化社会の波を受けていますから、やはり高齢者向けの施設が多いのでしょうか。

個人的には、無印良品やスターバックスが入ってくれたら嬉しいなと思っています笑
旭市周辺に今まで無かった店舗が入ったら最高ですね!

旭市イオンタウンの求人情報

現在募集されている求人情報は、以下のURLから御覧ください。
https://job-gear.net/aeonchibaasahi/

イオンの食品コーナー、化粧品売場、日用品売り場、サービスカウンターのスタッフや

人事総務や、商品管理など後方支援の求人までありますね。

なお、いずれもパートタイムの求人となっております。

まとめ

千葉県旭市に新しくオープン予定のイオンタウンについてまとめてみました。

地域住民の利用に特化した、健康増進・地域交流の複合施設という事がわかりましたね。
今後公表される、入居テナントの発表が楽しみです!

みなさんも、旭市にお越しの際にはぜひお立ち寄りください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました